免震レトロフィット

地震に対応するための構造設計的概念として、「耐震」「制震」「免震」があります。

「免震」は建物と地盤の間に免震装置を設置し地震の揺れを建物に直接伝えないことをコンセプトとしています。そして、既存の建物を免震化することを「免震レトロフィット」と言います。

免震装置の設置状況

薄型ジャッキを用いた工法

歴史的価値のある建物や移転・新築が難しい公共施設などを対象に今の機能を維持しながら免震建物にする工法なので、既存の建物に悪影響を及ぼさないような仮受方法が重要です。

免震装置と既存躯体の間に薄型ジャッキを入れてゴムを事前に変形させてから荷重を受け替える工法により既存の建物への影響を最小限に抑えることが可能となりました。